インターネット広告って言うけどね
インターネット広告で本当に効果的なのは?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かを「売る」ということ
ひごろは、アホなブログ書いとりますが、働かないと、ごはんが食べれないから、営業の仕事とか、いろんなことやっとります。(笑)


「営業」っていうと、ほとんどの人が、「僕は、あんまり、営業って好きじゃないんよねぇぇ」って感じです。


ちなみに、僕ね。


営業、大好きです☆


ま、それはいいとして・・・


そんでもって、そんな友人に、「独立とか起業って興味ある?」っていうと・・・・


「実は、そのうち独立したいと思ってんのよ・・・給料安いし・・・」


とか、真顔で答えます。。。。


いやいや、それこそ「営業」でしょ・・・・


でね。


「営業」って、いったい何??


って言うと・・・


そりゃ「何かを売ること」なんすよね。


でね。


会社とかで働いていたら、よく鬼の営業部長から、こんなこと言われませんか??



★自分を売れ!気に入ってもらえれば売れるぞ!!


★他社より安く値引きすれば売れるから、かけひきが大事だぁ!


★お客のニーズをつかめ!!必要性を気づかせれば買うぞ!!


★腰を低く低く、とにかく泣き落としだぁぁ!!


★1回で売ろうと思うな!お客と人間関係を作るのが大事なんだ!



って・・・・



これね。



こんなの全部うそですよ。まぢで。



だって、僕が、何か買うときって・・・・



別に必要でないものでも、衝動買いするときあるし、営業マンを気に入らなくても、買わなきゃいけないタイミングなら、買うし、ニーズがあっても、他の魅力的なモノ買って、それを買えないことってよくあるし・・・・

そもそも、ほしくもないもの扱ってる営業マンにいくらお願いされても、友達にはなっても買いません。



ま、なんていうかなぁぁぁ・・・・・




人が何か買うときに「理由」なんかないのよね。





ほしけりゃ買うって・・・・




これって・・・・




深いよね。。。



ここを極めると、仕事が楽になりますな。


ちなみに、あんまり、僕、「独立」には興味ないです。

「起業」はしてますが・・・・



【PR】洋楽歌詞ミュージックビデオファンサイト


スポンサーサイト
起業バカ万歳
これから起業したい、あなた。

こんなこと、いろんなところに書いてることだけど、今現在、なるほどなぁぁぁって思ったんで、今回は、それをご紹介。



起業っつったって、まず、何をやったらいいんだろう?



そんなこと言ったって、どうせ俺に出来る事なんて限られてるし・・・・



ほんまに、そのとおり!!


でもね。


あれ?でもそうかな?もしかして??


って考えるところから、僕の商品開発物語は始まったんすよね。



「自分はアホやから、できっこない」

から、できる人が作った商品を、できる人が経営してる会社で働くってとこから、ちょっと背伸びして・・・・



「どうやったら、アホから脱皮できるんだぁぁぁぁ!このやろぉぉぉ!」

って、頭のネジをぶっ飛ばしてみたんですよ(笑)




でもね。



意外に「あほ」でもなかったんですよ(笑)



7年間同じ業界で、サラリーマンやってますんで、普段気づかなかったんですけど、業界知識っていう、彼女との会話では全く役に立たない(笑)マニアックな知識は、けっこうついていたんですね。


これね。


彼女に対して、マニアックな業界知識を、披露しまくってたら、どん引きされて、破局へまっしぐらですけど・・・・


そのマニアックさって、商売に関しては、有効なんじゃないの?

普段あたりまえに思ってることが、見方を変えるとカネになるってこともあるんです。


そこの気づきなんすよね。



よくいうじゃないですか?


商売やるなら、自分の得意分野を知れ!って。



あ、そうなんだ☆


って、今、切に思います。



そしたら、あとは、それを、どう料理するかなんですよね。



調べまくり☆



グーグル先生には、本当に、お世話になりました。



あ、そうなんだ。大手は、めっちゃぼったくって、仕組みを作ってるけど、これって、この技使えば、じゅうぶんオイラでも出来るやんかーーーー!!



ってのが、連続してくると、もう楽しくてしかたがありません☆



ま、今んとこ、オイラのアイデアを実行してるとこって、あんまりなさそうだけど、どうせそのうち真似されるだろうから、今のうちって感じで、次の手も考えていかないといけないんでしょうけどね☆


おしまい♪





【PR】洋楽歌詞ミュージックビデオファンサイト



お金儲けって・・・
おかげさんで、最近、個人で商売できるネタを、自分で作り上げることができました。


あぁぁ、これって、5年後に自分で見たら、涙出るんだろうなぁ☆


というわけで、今回は、とりあえず、ひと儲けドットコムってサイト見て、すっごく共感できたんで、それをご紹介☆


まずね。


「お金を儲ける」ということは、

・ 他人が思いつかないようなことを思いつく
・ 他社が作れないような商品を作る
・ そのために必死にアイデアを搾り出す

だって。


そりゃね、それが出来れば苦労しませんが、とりあえず僕は、他人がすでにやってるんだけど、個人でやってる人間は、まだ少なくて、大手が高価格でやってることを、なんとか知恵を絞って、1万円くらいの費用で商品を作って、そうですね、必死にアイデアは搾り出しました。はい。


次に。


とりあえず

・ 商品の写真をデジカメで撮る
・ その画像を載せて「お買い得ですよ!」と宣伝する
・ 注文フォームや買い物カゴなどを付ける

という「誰でも思いつく単純な手法」に逃げてしまうと売れないんだと。



そりゃそうですよね。そんなネットショップ、くさるほどありますからね。



でね。



人間は「ウレシイこと」にお金を使う



んだって。


ほんでもって。



商品は「手段」であり、「目的」ではない。


だから、商品を売る前に、まず、「その商品を買う目的」について考えてみる視点が大切だ。

そしてその「目的」がはっきりしたら、それを分かりやすく教えてあげればいい。

特に、生活必需品でない商品を売る場合は、「それを買うと、何がウレシイのか?」が説明できないと、誰も買ってくれない。それがどんなに優れた商品であろうとも。

なぜなら客は、「優れた商品だから買う」のではなく、「欲しいと感じたから買う」のだから。


つまり。


お客にとって、使う側にとって「それを使うと、どんなウレシイことが起こるか?」が明確ならば、人はそれにお金を使うことを惜しいとは思わない。


どんなに高性能な製品でも、「その性能(製品)を買うと、どんなウレシイことが起こるのか?」を説明できなければ売れない。


うわぁ、まぢで、そのとおり!!


今から、またちょっと作戦ねらないとですな☆




売れない商品など無い。売れない売り方があるだけだ。




そりゃそうだ。



「あなたは何の為にその情報を発信しているのか?」

「その情報を読むと、読んだ人に何のトクがあるのか?」

「読む価値がある文章」とは、「その文章を読んだ人がトクをする」ということ。

その「トク」とは、精神的なトクかもしれないし、金銭的なトクかもしれないが、いずれにせよ「トク」のない情報は誰も欲しがらない。


そして、「トク」とは、

・ 新しいこと(モノ)を知る、手に入れる喜び (快楽を得る)

・ 自分の間違いに気付く (リスクや苦痛からの回避)

の2種類がある。


だから、「トク」を提供するためには、必ずしも「新しい情報や新しい商品」を提供する必要は無いのだ。


すでにある商品や、ごく一般的なサービスでも、
「その使い方は間違ってます!」
「こんな使い方をすれば、もっとトクですよ!」
とか教えてあげればいい。

そうすると、
「知らなかった」「自分は間違っていた」
→ 教えてくれてどうもありがとう! という「トク」が発生する。



これって、ブログとかサイトについて、書かれてることなんだけど、これは、十分、商品パンフレットなんかにも応用可能ですな☆


さぁて、頑張ってパンフレット作るぞぉぉ!!





洋楽歌詞ミュージックビデオファンサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。